飼い主と犬

犬の健康を考えて選ぶドッグフード【評判を調べてから購入しよう】

信頼のおける場所を探す

御骨

ペット火葬は家族同然に飼育をする現代では当たり前になってきました。しかしながら、事件も発生したように悪徳の業者も多くいます。このため、予め信頼のおける業者を探しておくことが求められます。見学や資料の請求などを行って、いざというときに備えておくとよいでしょう。

ペットの病気と治療方法

獣医

ペットの健康をサポートしてくれる動物病院には、一次診療をメインとしている病院もあれば高度医療設備が整った専門治療ができる病院もあります。千葉県内には、外科手術に特化した動物病院もあるためペットの状態に合わせて利用することが可能です。

愛嬌のある独特な顔が好き

パグ

パグは小型犬ですが、体は割と丈夫なほうで病気に関してはあまり心配する必要はありません。しかし、大食漢なのでご飯やおやつのあげすぎ、運動不足には気をつけてあげてください。散歩は1日30分程が目安です。

関連サイトを見る

  • 評判ドッグフードタイ全集

    ドッグフード選びは評判の高い商品を探すのがベストですよ。このサイトを利用することで、良い商品が選べるはずです。

健康を考えて選びたい

ドッグフード

食感も大事コストも大切

ペットショップやホームセンターに行くと、さまざまな種類のドッグフードが売られています。どのような種類が自分に犬に合うのか、本当に迷うところです。雑誌で評判が良くても、飼い主にとってはどれが正解なのかはわからないところでしょう。しかしやはり飼い主としては一番気になるのは愛犬の健康です。出来るだけ長く一緒にいたいと願う飼い主にとって、犬の健康を守るドッグフードを選びたいというのが本音とも言えるでしょう。しかし人間にも言えることですが、いくら健康に良いとされていても、美味しく食べやすくなければ「食べたい」とは思えないでしょう。犬の場合も同じで、評判が良くても口に合わなければ食は進みません。大きく分けると、ドッグフードにはドライタイプとウエットタイプがあります。前者は水分率が1割ほどしかなく、長期保存が出来、価格も手ごろであることから人気があります。腹持ちもよく、歯が丈夫な若い犬などに向いていると言えるでしょう。ウエットタイプは、水分率が7割程度あるので柔らかく、食べやすいのが特徴です。肉の成分を多く含んでいるため、栄養面で偏りが出る場合があります。飼っている犬に特に体調面で問題のない場合は、総合的な栄養価の高いドライタイプのドッグフードを、歯のぐらつきや年齢など心配な面がある場合はウエットタイプと、犬の状態によって使い分けるといいでしょう。一般的に、価格が安く手に入れやすいドッグフードは、品質もあまりよくありません。ただし食事は毎日のことなので、評判のいい高価格のものだけを与えるわけにはいかないでしょう。雑誌やネットの評判だけに惑わされず、犬の状態やコスト面なども考慮して総合的に判断するといいでしょう。